6月の独書まとめ

6月の読書まとめるの忘れてた。桧山です。
デュラがやっと読み終わりました。

それ以外で面白かったのは、開かせていただき光栄です・千のナイフ、千の目かな。
蜷川の舞台久しぶりに観たい。

以下まとめ
6月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2593ページ
ナイス数:30ナイス

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
NHK?で有名になったハーバードのあれ。ディベート形式でなく考え方のみなので、あの熱さに惹かれただったら期待はずれかと。説明の仕方も例えも優しいんだけれど、扱っているテーマが根本的に難しい。自分の考えが正義でいいじゃん! って言い張りたいんだけれど、その自分の考えって何よ。ってところの本。頭いい人みんなこんなこと考えてんのかしら。必要ないように見えて、こういう哲学があったから奴隷制度とか無くなったんだろうな。て思った
読了日:06月30日 著者:マイケル・サンデル
脳の右側で描け脳の右側で描け
絵描きさんに評判良かったと思い読んでみた。実践はしてないです。実践するのに準備が面倒で、必要なものを抱き合わせで売ればいいのにと思ってたら「ワークブック」がそうらしいんですが絶版で、この本も絶版で驚いた図書館派。一部は学生に聞いたことのある向上法で、この本を読んでたのかな?ネガスペースってのは使えそう。要約のみを言うと、超見ろ
読了日:06月17日 著者:ベティ エドワーズ
千のナイフ、千の目千のナイフ、千の目
93年が約20年前とかそんな馬鹿な。書いたのは80年代が多いので更に古い。欲望という名の電車の舞台装置の写真が載っているのですが、大変素晴らしいので見たかった。コミュニケーションで舞台を作っているそうです。読んでいる分にはトリッキーな人とは思えないんだけどね、舞台観るととんでもない人だよね
読了日:06月12日 著者:蜷川 幸雄
人生で大切なことはすべてプラスドライバーが教えてくれた人生で大切なことはすべてプラスドライバーが教えてくれた
普通の人はまず表紙にためらいを覚えるのか。主人公は男です。車になぞらえて自己啓発の内容を書いているので、車が好きな人向けかな。ストーリー仕立てですが、小説って思いながら読むとつまらないです。割と新人向け
読了日:06月10日 著者:原 マサヒコ
デュラララ!!×11 (電撃文庫)デュラララ!!×11 (電撃文庫)
贄川さん丸見えです!鯨木さんはドラミちゃんのコスなのだろうか(表紙) あとがきの通りたくさんの導火線に火をつけた状態。続刊、早く!一番好きなシズちゃんの出番が少なかったのですが、臨也、死ぬな。ってぐらい怒ってたので次巻に期待。ろっちーの活躍も気になるね!
読了日:06月07日 著者:成田 良悟
デュラララ!!×10 (電撃文庫)デュラララ!!×10 (電撃文庫)
ドタチン! ワゴン組の芯がちょっと見えた感じ。渡草はもっと名前を認識されててもいい。正臣は頑張れって純粋に応援。帝人は一回怖いと思ったシーンがあった。でも救われるだろうとあんまり心配してない。葛原はセルティと和解したらいいオジサンになると思う。最後の久々のあの子が来たよ! 臨也が救われる日は来るのか
読了日:06月05日 著者:成田 良悟
デュラララ!!×9 (電撃文庫)デュラララ!!×9 (電撃文庫)
表紙でセクハラをすることに定評のある臨也さんがメイン。一番好きなシズちゃんの出番が少なかったけれど、臨也の核に触れた気がしたので面白かった。再読したら色々見つけられそうだけどそれは次回。妹sとの絡みもあって嬉しい。
読了日:06月03日 著者:成田 良悟
開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・ミステリワールド)開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・ミステリワールド)
凄かった。色々と。まず、昔のロンドンをしっかり調べてるなぁと。本物とは差があるかもだけど、違和感とかなく丁寧に書かれてた。初っ端から死体が出まくるんだけれど、ミステリらしさが出てくるのは中盤からかな?前半は状況把握にいそしんでた。ミステリはごちゃごちゃってしたたんだけど、最後で怒涛の解き。無駄がなく綺麗に解けた。途中にあった違和感もそういうことだったのね。と。前に読んだ少女外道とは全く違った雰囲気にも驚いた。
読了日:06月01日 著者:皆川 博子

2012年6月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts