4月の読書まとめ

4月は5冊しか読んでないってのが自分でも非常に驚き。ちょっと読書時間を減らしたいから、今後もうちょっと減っちゃうのかなぁ。1冊3時間程度で読み終える力が欲しいです。

今月のオススメはリアル・シンデレラ。いい話です、これ。

2013年4月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1744ページ
ナイス数:34ナイス

マルドゥック・フラグメンツ (ハヤカワ文庫 JA ウ 1-11)マルドゥック・フラグメンツ (ハヤカワ文庫 JA ウ 1-11)感想
短篇集。ボイルドの話は全部ヴェロシティの前に書かれたのかな?プロローグ&エピローグは設定が違ってて面白い。拳骨魔が敬語で笑った。古いものも載ってるので文章力の違いも楽しめて面白い。ウォーバードが一番好き。アノニマス早く読みたい
読了日:4月27日 著者:冲方 丁
火星年代記 (ハヤカワ文庫 NV 114)火星年代記 (ハヤカワ文庫 NV 114)感想
短編連作。たった6年で火星は目まぐるしく変わってしまった。火星人が早々に撤退してしまったのがちと残念。どの星に行っても人間てのは変わらないんだなぁと。神父と第二のアッシャー邸が好き。元は99年に火星に行ったことになってるそうですが未来はまだそこまで頑張れなかったゴメン
読了日:4月19日 著者:レイ・ブラッドベリ
リアル・シンデレラ (光文社文庫)リアル・シンデレラ (光文社文庫)感想
面白かった!一人の女性の生い立ちをインタビュー形式で書いた小説。ツイラクよりは癖がないんですが比喩表現は個性が出るなぁ。登場人物多いのに混乱させない書き方とか、記憶違い・捉え方の違いで性格表現とか面白い。全部読み終えてから冒頭のシンデレラについての意見を読むとなるほどと。この人は後書きまで面白い。タイトル名にやっと納得。他の本も読む
読了日:4月10日 著者:姫野 カオルコ
はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術
読了日:4月5日 著者:マイケル・E. ガーバー
サマーウォーズ  クライシス・オブ・OZ (角川スニーカー文庫)サマーウォーズ クライシス・オブ・OZ (角川スニーカー文庫)感想
映画の3ヶ月ぐらい前でカズマを主人公にした話。映画のできがかなりいいのでそれと比べちゃうとアレやコレがソレなんですが、カズマ君可愛い。私も最初女の子だと思ってた、ゴメン笑
読了日:4月4日 著者:土屋 つかさ

読書メーター
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts