6月の読書まとめ

6月の読書まとめ。
最近本当読めてないです。ちょっとツイターに入り浸りなので、どーにかしたいですね。

2013年6月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1958ページ
ナイス数:28ナイス

働く君に贈る25の言葉働く君に贈る25の言葉
読了日:6月22日 著者:佐々木 常夫
俳句いきなり入門 (NHK出版新書 383)俳句いきなり入門 (NHK出版新書 383)感想
俳句は書いた人より読んだ人の感想の方が重要。て意見自体には賛成できるんだけど、書き手の自己主張がウザイって繰り返す筆者の主張がウザイ。お前この本で自分の意見押し付けまくってんじゃねーか。なのでこの人の本はもう読まないですが俳句自体の考え方とかは面白かった。句の良し悪しを語るには私の経験不足。最後の一覧で好きだと思った句に筆者のはなかったのでウマが合わないのだろう
読了日:6月20日 著者:千野 帽子
日本SF短篇50 I (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)日本SF短篇50 I (日本SF作家クラブ創立50周年記念アンソロジー)感想
短篇集。1年ごとに1本選出で10年分。 墓碑銘は翻訳ぽくて好き/退魔戦記は歴史物にSFを突っ込むって発想が面白い/ハイウェイは後半謎の生物がちょっとキモイwが、理屈が通ってて凄い/魔法つかいはタイトルに反して可愛い内容じゃなかった/星新一はさすが。最後のセリフはどんな気持ちで言ったのか気になる/過去へのは話は好みじゃないなぁ/OH!は落ちすぐ読めた/大いなる正午は苦手なテイスト/およねは最後どうなったんだっけ?(!?)/おれに関する噂は世にも奇妙な物語でやってました???
読了日:6月15日 著者:光瀬龍,豊田有恒,石原藤夫,石川喬司,星新一,福島正実,野田昌宏,荒巻義雄,半村良,筒井康隆
バカとテストと召喚獣10.5 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣10.5 (ファミ通文庫)感想
.5なので短編。現代モノなのに入れ替わりネタに違和感ないのが凄い。合間合間の小ネタはネタ切れか。最後の瑞樹の過去話はちょっとお綺麗すぎて好みじゃないなぁ。でも大体いつも通り楽しく読めました。雄二と翔子がくっつく話が早く読みたい
読了日:6月12日 著者:井上 堅二
デュラララ!!×12 (電撃文庫)デュラララ!!×12 (電撃文庫)感想
シズちゃんがバイクの免許持ってない・シューターに好かれてる姿が非常に可愛い。髪型変わってて驚いた笑 あとろっちーもいい男ですね!セルティのセリフにはショック。13巻で終わる気がしないので15巻ぐらいにまで伸びるんじゃないかと予想。 一番怖いのは作者も展開が判らないのに収束させる能力を持っていることですよ。
読了日:6月11日 著者:成田良悟
スティーブ・ジョブズ Iスティーブ・ジョブズ I感想
思ったより時間かかってしまった。ヒッピーだったのは意外。すごい人なのだろうが、自分の上司だったら嫌だなぁ笑 でも一切妥協しない態度が良い製品を生み出したんだろうなとも思う
読了日:6月1日 著者:ウォルター・アイザックソン

読書メーター
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts