10月の読書まとめ

10月の読書まとめ。ビックリするぐらい読んでないですね。時間がかかった伝記が11月に読み終わったのも多少はあると思いつつ、もうちょい頑張りたいです。

冲方丁と日本人の知らない日本語は安定の素晴らしさです。

2013年10月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:949ページ
ナイス数:54ナイス

日本人の知らない日本語3  祝! 卒業編日本人の知らない日本語3 祝! 卒業編感想
本当に日本人が知らない日本語が出てきて面白い。楽しみつつ勉強にもなるって言う。今回は、ドイツ人なのにバームクーヘンは日本に来て初めて見た・スペイン(だっけ?)にもコタツがある事実に驚き。あとさ入れ言葉になるほどと。4巻も出ているので是非読みたい。祝儀袋に切手貼ってたの笑った。
読了日:10月27日 著者:蛇蔵,海野凪子
天地明察(下) (角川文庫)天地明察(下) (角川文庫)感想
関さんの出番が案外少なかったなー。ドラマチックな人生ですが、どの程度事実だったのかも気になる。渾天儀は生で見たかった!全部読み終えてから上巻の序章を読むと、またグッと胸に来るものがあります。とても楽しかった!
読了日:10月13日 著者:冲方丁
天地明察(上) (角川文庫)天地明察(上) (角川文庫)感想
冲方さんの時代物初読み。やっぱり見せ方が非常に上手い。そしてキャラが魅力的。時代背景もちょいちょい書かれてるんですが、書きすぎてないのでとても読みやすい。見せ方が上手いので何回も泣きそうになり。しかし、大きな段落のラストに次に起こることを完結に書いて、次の大きな段落でそれを詳しく書くってのを何度も使ってたけど、どの程度計算してやってるんだろう。上巻の時点で映画見たくなった。
読了日:10月9日 著者:冲方丁
氷平線氷平線感想
短篇集。雪虫がデビュー作だそうで。個人的には雪虫はイマイチでしたが、表題のとかはまぁ好きかなぁ。悪くはないけれど、リピートするほどの力はないって扱いです。もうちょっと冊数が出たらまたご縁がありそうな気はします。
読了日:10月4日 著者:桜木紫乃

読書メーター
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts