4月読書まとめ

お久しぶりです、桧山です。生きてます。
2月は全然読めなかったので更新できず、忸怩たる思いで3月もしなかったという謎期間。

4月のオススメは皆川博子と山本文緒で。
皆川さんは本当格が違う


2014年4月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1694ページ
ナイス数:27ナイス

あなたには帰る家がある (角川文庫)あなたには帰る家がある (角川文庫)感想
あとがきを読むと、20年前の小説を少しだけ手直しして新装版にしたものだそうで。ストーリーは変わってないそうです。 山本文緒は大好きだけどいつも狭い世界ばかりでちょっと飽食気味だったんですが、長編読むと流石としか。この人の本を読むといつも傷つくというのを忘れてた、面白かった。 今は共働きが普通で専業主夫もたまにいるそうなので少し時代を感じるが、根本的な部分は今でも通じる。ジェンダーってものにいつも焦点あててるよね。
読了日:4月28日 著者:山本文緒
バカとテストと召喚獣11 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣11 (ファミ通文庫)
読了日:4月22日 著者:井上堅二
スイッチ! 〔新版〕― 「変われない」を変える方法 (ハヤカワ・ノンフィクション)スイッチ! 〔新版〕― 「変われない」を変える方法 (ハヤカワ・ノンフィクション)感想
ハヤカワさんが宣伝してて面白そうなんで読んでみた。自己啓発かと思ったらビジネス書。表紙が象な理由は読めば判ります。悪環境を改善する方法の本。いくつか実例載ってるんですが、いかにもアメリキャンッ!!て感じですね。そのノリは単純に好きです。しっかしこの手の本はなんで前に書いたことを何度も何度も繰り返し書くのか。もっと薄くできるだろ!と思いながらこの手の本は読んでる
読了日:4月18日 著者:チップハース,ダンハース,ChipHeath,DanHeath
アルモニカ・ディアボリカ (ミステリ・ワールド)アルモニカ・ディアボリカ (ミステリ・ワールド)感想
この作家さんは本当に格が違う。 開かせていただき光栄です、の続編。未読でも判ると思うがネタバレが多いので、前作を読んでからの方がいいと思います、面白いし。私はだいぶ忘れてたんですがどうにか読めました。メインはミステリなんですがエピソードによっては耽美系なので1冊で2種類の味が楽しめる。登場人物もページ数もそこそこ多いんですが無駄はない。カタカナ苦手なのでゴチャゴチャしちゃった部分もあるんですが、残り数十ページの紐解きは怒涛。ミステリ定番の、犯人はお前だ!じゃないのがいいんだと思います。
読了日:4月4日 著者:皆川博子
人体のデッサン技法人体のデッサン技法感想
ルーミス先生よりもうちょっと優しいかな??こちらの方が私向きでした。 でも読むだけで上手くなるわけがないので、この本を手本に覚えるまで描くしか無い
読了日:4月4日 著者:ジャック・ハム,島田照代

読書メーター
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts