5/3スパコミ 東6・ま56b 【追記あり】

おしながきってほど頒布物ないですがご案内。

【東6ホール ま56b】
■トランクを持って白い地図を
VW健全小説。観用少女パロディ。観用少女を知らなくても読める内容です。
安定ののんびりした話です。平和なホモが好きな方向け。

1.jpg



表紙絵はミルキぃまさこさん に描いて頂きました!!多謝!!
そのままでも充分愛らしいですが、印刷所パワーでより華やかな装丁になる予定です。
早割特典でポスカ作れました!表1リサイズ版です。
A5 48P 500円

イベント終了後自家通販する予定です。クロネコメール便が終了したので定形外郵便物の予定。
アリスブックスさん にも委託します。
他の方の本もお求めになる場合はこちらが便利かなと思います。


【委託本】
ミルキぃまさこさん とSUKEさん の合同誌を委託します。
春コミ既刊:オールキャラギャグ短編3本入り。
①坊っちゃんのもみあげ話
②血界+TRIGUNクロスオーバー
③牧師台風貧乏家族昔話
コピー誌 本文12P 200円
こちらは部数少なめですので、お求めの方はお早めに。
血界スペースは隣のブロックのようなので場所は近いと思います。

他、既刊のBOUQUETを少し持っていきます。
どうぞよろしくお願いします。



拍手いただいていたのに気づいていなくって、申し訳ないです。
楽しみにしていただけてるとのことで、大変ありがたいです、ありがとうございます!!
まだまだ未熟ではありますが、少しでも楽しんでいただけるものになればなと、日々精進です。

以下、追記にてサンプル約1000字
 まだ昼時だからか、公園内を活発に走る子供はいなかった。ふくふくとした小さい手で子供用シャベルを握りしめ、バケツに砂を詰めている親子が一組いるきりだ。今なら誰かの邪魔になることはないだろうと、洗い物用の水を溜めるタンクの蓋を開け、水飲み場の蛇口を全開にする。水がプラスチックにぶつかる軽い音が弾ける。一二〇リットルサイズだから満杯になるまで時間がかかる。蛇口を捻るため曲げていた背を伸ばし息をつく。まだ初夏の入りだが今日は陽射しが強い。湿った額を手の甲で拭った。
「晴れてて良かったねー」
 ウルフウッドの後ろに並んでいる男が、空のタンクを抱えたままのんびりと大きなあくびをした。目尻に涙が溜まり、左目の泣きぼくろが強調される。ウルフウッドは腰に両腕を当て、眉間に皺を寄せた。
「何が良かったねや。ずーっとグースカ気持ち良さそうに寝とって、腹立つ」
 ヴァッシュは誤魔化すようにへろりと微笑み、だって僕が運転すると命がいくらあっても足りないって文句言うだろと返す。事実なのでそれ以上毒づけなかったが、ケッと悪態をつく前に、ヴァッシュの緩んだ顔は蛇口とは真逆の方向へ逸れた。視線を追うが粗大ゴミが無造作に積み重なった空き地があるだけだ。
「なんで回収されないんだろうね」
「たんなる不法投棄やろ。一人が捨てたら他の奴らが追従していく。どこの街にもあるやんってオイ、なんで行くねん!」
「なーんか気になるんだよね。使えるものあるかも!」
 空のタンクを手にしたまま小さな公園を抜け、容易に崩れてしまいそうなゴミの山を身軽に登っていく。
 ウルフウッドはまだ半分も満ちていないタンクを見下ろし、舌打ちし、そのままにして消えた背中を追いかける。軽い怪我程度ならいくらしても構わないが、また失せられるのはごめんだ。
 粗大ゴミからは嫌な臭いはしないが破損が目立つ物は多く、素手で漁るのは遠慮したい。それでも一歩進んだだけで足場が崩れ膝まで沈むのを何度か経験しながら、金色のトンガリ頭にたどり着いた。しゃがみ込んで懸命に何かをしている。
「オンドレ、退屈やからってフラフラどっか行くな」
「でも本当に使えそうなものあったよ。ほら大きなトランク。長旅に役立ちそうだろ?」
「長旅っちぅか」
 言葉を濁すウルフウッドを振り返ることなく、ヴァッシュはトランクの金具をしきりにいじっている。革張りのそれは調べなくとも上等だと判るほどの高級品だ。大型旅行に合わせて奮発したがいいが、最終的に邪魔になり廃棄したのだろうか。雨風で幾分傷んでいるのがもったいない。いまから質屋に持って行っても引き取ってくれるか微妙なところだ。
「ちっとも開かへんな。鍵かかっとるんとちゃうか」
「いや、そんな感じじゃないんだよ。枠がちょっと歪んでるんだと思う」
 優しくトランクの枠を押す白い指を革靴がどかし、金具のあたりを二回ほど強く蹴飛ばした。乱暴な督促にカチャッと軽い音が応え、バネ仕掛けのようにトランクが勝手に開く。
「あっ」
「あ?」
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts