8/12(金)夏コミお品書き

※しばらくこの記事をTOPに固定します。

夏コミのご案内
お品書き
センスはないけれどもお品書きを作るのは楽しいです。
ゼラニウムとアルバムのイラストは、表紙絵を描いてくださった押田さんから。表紙絵のパーツも自由に使っていいですよと仰ってくださったので、お言葉に甘えてお借りしました。可愛い。
新刊の内容は奇妙な犬シリーズですが、過去の話を読んでなくてもなんか判るはず。でもちょいちょい小ネタ入れてるので既読だとさらに楽しいかなー?
シリーズ物にする予定は皆無で書いたので、矛盾がありそうなのですが多めに見て戴ければ。シリーズ物は難しい。

アリスブックスさんの通販はこちら

現物届いたので装丁の紹介を。残念な撮影テクですが可愛いのは間違いないので現物見るのを楽しみにしていただけたら嬉しいです。
thumb_IMG_5094_1024.jpg
表1にアニマル足跡のエンボス加工したんですが、写真だと判り難いですね。ニコラスの足とズボンと、膝~アルバムのあたりに薄っすらとあるの判るでしょーか。こんな感じのが全面にぽんぽんあります。

thumb_IMG_5095_1024.jpg
遊び紙も足跡カットです。表紙をピンク系でまとめてくださったので、逆に近い色の方がメリハリつくかなーってのと、空って名前の色だったのでこの色味に。表1のエンボス加工は裏ページの方が判りやすいですね。

thumb_IMG_5096_1024.jpg
今回も許可戴いたのでポスカ付きます。表1と遊び紙の間に挟みます。

バレンタイン本となんで100円違うんだって突っ込まれそうですが、単純にページ数・文字数が違うからです。わんこ牧師の方がちょっと文字数多い。私の文字組だと、1P=千文字強。あと犬の方が4本なので扉が2枚多い。穴埋めページは奇跡的に1P。
文字組は結構みっちりなんですが、可読性はそこそこあるんじゃないかな?と。読みにくければ匿名でいいのでご意見くださればちょっと調整してみます。この辺の考えについては年末にまとめとしてグダグダ書きたい。


完売しない量持ち込むのでのんびり来て戴ければ。ただ会場には最後までいないはず。
既刊もたっぷり持って行きます。持ってない方はついでにでもお手にしてくださると喜びます。
アリスブックスさんにも既刊はまだ結構あるのですが、シュガーコートはそろそろ1年経つので、返本依頼が来るかなと。トライガンは以降はBOOTHにも登録しときますが、通販は自宅発送のみになります。書店の方が都合がいい方は夏コミ本と合わせてお手にとってくだされば。


あと、当日発行予定の「ウルフウッド犬歯アンソロジー」に参加しています。私は掌編です。
こちら「CPは問いませんが苦手な方もいらっしゃるので受攻が判らない描写まで」という条件で執筆依頼をされていました。
なので腐向けが苦手な方・読めないCPがある方はお気をつけください。私が分かる範囲で執筆者一覧を見ると、逆CPの方が多いですね。実際になにを書かれたのかはただの執筆者なので存じあげないのですが。
そのため、アンソロジーは買えないが桧山の掲載分を読みたいという方にはご連絡くださればPDFをお渡ししたいと考えております。
私が書いた内容は、BLぽくならないようヴァッシュの出番を控えめにし、普段は書かないけれど気に入っているコンビを書きました。有料配布分は無料で公開しない主義なのですが、今回は8千字程度といつもならば無配しているボリュームなので、問い合わせくださった方限定で無配しようかなと。
CP関係・BLが苦手というのは繊細な問題で個人としては気をつけたいと思っていたのですが、今回は完全に書く側としてのみの意識で読む側のことまで考えが至らず、不甲斐ない所。トライガンは特に男性読者・BLが苦手な女性が多い(と個人的には感じている)ジャンルなのと、私自身読めないCPが結構あるのに失念していたのは反省すべき点だなと。
苦手なものがなくご興味のある方にはぜひアンソロジーをお手にとって、他の方のついでにでも読んで戴けたら嬉しいです。
今回の趣旨は難しいが桧山の小説を読みたいと思ってくださった方はお気軽にご連絡ください。


次回参加は10月のスパークです。既刊も10月まで持つと思うので夏コミ不参加の方はこの時にでもお手にとってくだされば。
冬コミは悩んでます。12月はへし燭で華燭に参加したいので新刊はまず無理で。でもよほどの事態がなければ冬休みなので確実に参加できるという。コピ本も考えたんですが、有料ならやってみたい装丁をちゃんと考えてから出したいので間に合わないのではーとか、なら無配のみか、それなら新刊出せるサークルさんに譲った方がいいのでは、でもトライサークルが少ないと寂しいなとか、考えてて、ギリギリまで悩もうかなと。

思い出したらちょいちょい追記しますが、とりあえず今はここまでで
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts