8月の読書まとめ

8月の読書まとめ。と言いつつ、ほとんど読めてない。
皆川博子さんの双頭のバビロンがすんばらしくて、ボリュームすごいのでまだ読み終えてなくって、多分10月にまたがるんですが読み終わったら熱意を込めてレビューしたい。

自分の文章についての記事を読み直すとえらいネガティブで、あとで書き直そうと思うんですがいざ編集しようとするとやっぱりネガティブなままなので、自分の文章に自信がないんだろうなぁ。

めっきり秋ですが夏らし展示会も行ってきたのでそのうち日記書く。


2016年8月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:625ページ
ナイス数:6ナイス

貴族デザイナーの華麗な事件簿 (2) ロンドンの嵐 (富士見L文庫)貴族デザイナーの華麗な事件簿 (2) ロンドンの嵐 (富士見L文庫)感想
前作はそこそこ面白かったと記憶していたのに今回イマイチだったのは私の気の持ちようか。その時代のことをよく調べたのは伝わるんですがバケモノレベルで上手い人と比べると説明書きなんだよなぁ ラノベだからと言ってしまえばそれまでなんだろうが重みがないなと。ストーリーをなぞってるだけって感じ。小説の楽しみってきっとそこだけじゃないはず
読了日:8月15日 著者:柏枝真郷
残穢 (新潮文庫)残穢 (新潮文庫)感想
ホラー小説を楽しめない自分に問題があるなぁ。小野不由美は好きなんですがこれはそこまでって感じでした。 最初のエピソードはジャブかと思ったら本筋だった。話の性質上人物名が増えまくるので混乱しちゃって、途中から集中力が減ったのも原因かな。私自身はホラー体験したことないので、自分にもって危機感もなかったのもある。 しかしここまで辿るのならば、この世界には霊がいない場所はないんじゃないだろうか。ちょいちょい実在の人物とか出てくるドキュメンタリー風で、どこまでが実体験なんだろうと思ったりも。 ホラー好きだったら楽し
読了日:8月7日 著者:小野不由美

読書メーター
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts