9月読書まとめ

スパーク目前ですがまったく関係のない読書感想
読書メーターの昨日使ってるんですが感想が長いと全部入り切らない罠
皆川博子先生の双頭のバビロンは面白いどころの騒ぎじゃないんですが読み進まない罠。今月中に読み終わるかな

今月は2冊のみですが、桜庭一樹は物足りなさを感じつつもこっちの方がオススメ
ハーモニーはあんまり好みじゃなかったんですが映画化されてるんですね。原作がつまらなくても映画はおもしろいって例もあるってことを告白で知ったので悩みますが、同じ作者の屍者の帝国の方が映画は気になる

シンゴジラ見たのでその感想とか、どーでもいいことも今度書きたい

2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:652ページ
ナイス数:19ナイス

赤×ピンク (角川文庫)赤×ピンク (角川文庫)感想
久しぶりの桜庭一樹。昔の作品だからかラノベだからか桜庭要素はちょっと足りないんですがそれでもやっぱりこの作風はこの人しか書けないなと。一番好きなのはミーコの話かな。皐月のは当時なら新しく、今なら手垢のついた設定でしょーか この話も好きだけれど、桜庭一樹ならもっともっと陰鬱な話が読みたい!
読了日:9月17日 著者:桜庭一樹
ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)感想
評価高いけど私はイマイチだったなぁ。本を手にしてから作者は亡くなっていることを知りました。 SFなことはSFなんだけれど、メインは少女の話かな。未来のシステムはもちろん書かれているけれど、それより読み手の時代が作中では過去の文化になっているのが書きやすいだろうしSFとして成立するので上手いと思う。 タグはクランチ文体を意識してるのかなぁ?最初はどう処理をすればいいのか判らなかったけれど、昔の映像にあるような、黒画面に緑色の文字で用語解説している場面を想像したらしっくりきた。感情はそのまま読んだんですが、英
読了日:9月12日 著者:伊藤計劃

読書メーター
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts