シンゴジラ

シンゴジラ観に行ってたのでだらだら感想。初の4DXだったのでそのへんも合わせて書いときたい。

ゴジラ自体は小さい頃に弟のついでに見に行かされた記憶あるんですが、怪獣モノに興味ないので記憶はほぼゼロで。今でも怪獣映画に興味ないのでどーやって楽しめばいいんだろうと思いながら行ったのですが割りと面白かった。
怪獣映画の醍醐味は破壊かなと思っていたんですが、それももちろん充分描かれていたんですが頑張る人間たちの話。て見るのが一番私に向いてますかね。

話のテンポがとにかく早くてテロップも多いしでちょっと考えてた間に相当話が進んでて混乱することしばしば。ほとんど休憩ないし。海外の評判はイマイチって噂を聞きますが、原因は翻訳がだと内容を理解するのが大変だからでは。
蒲田くんは衝撃でした。これはゴジラなのか別の生き物なのか、血みたいの出てるけど大丈夫なのか。ぎょろっとした目は恐怖でしたね。
最初の段階で大きな攻撃しようとしたとき、逃げ遅れた人間がいたので見送りましたが、それがなければあの攻撃は有効だったのかしら、二人を助けるために結果東京大破壊で大勢の人間が死んだけれどそれはどーなのかしら。て昔ながらの答えのないテーマを考えたり。
うちの職場も破壊されました。

好きなキャラはまず分析班?の女の子。淡々としつつも成果だす姿は格好いい。核融合説を出したときに馬鹿にした男は、結果その推察が正しいことを認めたときに素直に謝ったの可愛かったw女の子はラスト微笑んだのいいですね
あとは泉。トークショー?でファンが内閣腐の話を質問したそうですが(何故そんな愚行を犯した)監督が予想はしていたけどまさか泉に行くとは思わなかった。と発言されたそーなので誰だろうと思いながら見てたんですが、これはいくだろ(断言)
シンゴジに関しては私は映画のみで完結しててBLどころか二次創作全般興味ないのですが、腐女子の業としてこれはいくの納得できる。というかテンプレ的攻めキャラでは? 私はBLとか関係なく、実力持ってるキャラ好きなので気に入ってます。
なんとなく日本の創作物は政府を無能にしがちなイメージだったんですが、これは相当頑張ってて頼りになるなと思った。内閣に感情移入するので、デモ隊うぜーて思ったりして、風刺だろーか。

最終的なゴジラの倒し方、歯医者っぽいと思ったの私だけじゃないはず。薬剤ちゃんと飲めてるのかな? とも。倒せて良かった。
爆発的な大団円にしないのは日本だよなと。かといってここで終わりではなく、まだまだ後始末があるってのが、物語はもうちょい続くってのは日本らしくて好きです。
最後の尻尾、私は牙の生えたおたまじゃくしがいっぱい付いている=ゴジラベビーと解釈したんですが、あれ人間が張り付いてるって解釈した方もいるそーで。もう一回見ないと判らん。

あと教えてもらって面白かったのはゴジラ=自衛隊。古いもともとのゴジラは戦士した兵士の怨念だとか???ゴジラ総攻撃の範囲にぽっかり空いてる場所があるなと気づいてはいたんですが、それが皇居だと教えてもらって驚き。ゴジラにはどの程度の知能があるんだ、あれは知能じゃなくて本能なのか。

4DXは予告の時点で盛り上がったw予告も4DX対応作品なので椅子揺れたんですが相当ざわざわした。あとアニメ映画新宿でも結構な数やってるっぽくて驚き。オタクの街じゃないけど需要多いのか。
肘掛けの先から風とか水とか出てきます。が強弱は一定なのでまだまだ改良の余地あるかなと。熱そうなシーンだったのに水が冷たくて違うなって意見もありました。
ストームライダーとか好きだったので改良が進むといいなーと思いつつ、これを重視した作品が増えないといいなとも。自宅でも楽しい映画が私は好きだ。

とりあえずこんなところかな。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts