12/4華燭 お品書き

しばらくTOPに固定します。

年末ですね。毎年あっという間で大丈夫なのだろうかと思うようなことを告知のあとにだらだと。
お品書き
お品書きも表紙もダサい自覚はあるんですがどーすればいいのか判らなくて難しい。
ハウツー的なのよく見かけて、なるほどと思うんですが実践すると上手くいかないんですよね。直接自分のに赤ペン先生して欲しい。
表紙なら外注も興味あるので1度ぐらいお願いしてみたいです。が、表紙のイメージ固まってないこともちょいちょいあり、そんなときは依頼するのも難しく、要修行。
ちなみにタイトル考えるのも苦手です。こちらも頑張りたい。


今回の新刊は軽い読み物を目指してあっさりめな内容。サンプルも後であげますね。
一生懸命書きはしましたが、やっぱりもっと時間に余裕があればと悔やむところも多く、胃が痛い。次こそは、次こそは。
新刊の表紙、画像だと白が目立ちますが、金銀の漉きが入っている和紙でお願いしたので実物はもうちょいそれっぽく……なってるといいなぁ。和紙はとーらぶならではって感じなのでいいですね。
今回は宅配搬入なので会場に着くまで現物は私も見られません。ドキドキする。

書店委託はとらのあなさんです。虎さんは送料とか掛け率とか他社と比べてシビアで、他のところにお願いするかなぁとも思ったんですが、夏コミでわざわざ営業さんが来てくださったので今回もお願いしました。うち全然部数出ないサークルなんだけれどな。


とりあえず、年内はwebも含めこれで活動終了です。というのも読む方が足りてないっぽくて。
今年の活動で判ったのは、小説読まないと書けないタイプだということ。文章が全然出てこなくなるんです。実用書とかでも補えない。で、今は小説読みたいって欲求がじわじわ続いているので、ここで補給しとかないと次の本が出せなくなるなと。

やっぱり今年は、限られた時間の中でしか出せなかった本が多いことに悔やんでいて。本だとイベント参加は結構前に募集されるしキャンセルできないし欠席したくないしと、全部言い訳ではあるんですが胸を張れるものが少なかったのが本当堪えていて。
全部自己責任ですが次こそは次こそはとなんか必死です。
今年はやっぱり成長よりも停滞の方が圧倒的に大きかったことになんか落ち込む。

なのに、来年の予定をおぼろに立てていたら今年と比べて書く量が少ないことに焦りを覚えていたり。せめて書くのが速ければなぁ。

いまだに創作に関してはぐるぐるしていることが多いです。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts