ダリ展

先に、拍手ありがとうございました。特に更新とかしてなかったんですが、サイトや支部で小説読んだ方が押してくださったのなら嬉しいです。本は言わずもがな。楽しんでくださったのならいいなぁ。

国立新美術館のダリ展に行ってきました。
ダリは数年前に六本木ヒルズ(多分)でラブ展っていういろんな作家の作品を集めた展示会やってて、そこにダリの絵も1枚あり、それを見たとき、すげー綺麗ー!!!てなったのが印象強くて見に行くきっかけになりました。日本では10年ぶりだとか。

ダリ展人気で、入場まで20分待ちでした。でも中は入場規制しているだけあって思っていたよりゆったりめ。ベルトコンベアーにはなってなかった。良かった。
初期の絵から130点ぐらい。映像作品もすこーし。私は見るの遅いのと若干の混雑があったので、3時間ぐらいかかったかなぁ?
初期の絵は大変失礼ながら、タッチも違うしダリにしては下手だなと。その後も10年以上描いてて、ダリといわれたら想像する絵はもっとずっと後に出てきたので、そこは努力による積み重ねだったのかもしれない。

私は美術の知識がないので細かい所は判らないんですが、印象派、シュルレアリスム派と要素を取り入れてって変化していったそうで。後半になるとやっとダリの絵!て判りやすい作品が出てきたんですが、全体のボリュームで見ると非常に少なかったです。それだけ彼は様々な作風で描いてきたのかなと。点描も1枚あったんですよ。しかし彼のお気に入りのモチーフってのはあんまり変わってないかも。
立体鏡絵画ってのがあって、特殊な装置でその2枚の絵を見ると違った見え方ができる、みたいな説明の絵があったんですが、その装置がなかったのでどんな見え方をするのかは不明のままでした。昔はやった3D視とは違うのかな。
勉強してから見に行けよと突っ込まれそうですが、彼が日本の原爆に影響を受け、原子力や遺伝子にも興味を持ち始めて作品にも反映させたってのは今回の展示で初めて知りました。
あと人間よりも大きなサイズで描かれた絵はやっぱ迫力が凄いですね。意外と点数多くて、よくこれだけ描いたなと。描き続ける体力があるってのは素晴らしいと思う。燃え尽きたりした瞬間なかったのかしら。遠くからみたら数字に見えるけれど、よく見たら人の腕だったり衣装だったりってのもあって、こういうのは本当ダリらしいなと。
あとはインクを跳ね飛ばした絵とか、立体だとマネキンとか作ってて、知識のない私はそれらは現代的な作風だと思ってたんですが、50年以上も昔にやってたよ!全然新しくなかった!!と軽くショック。真に新しいものを作るのは難しい。
映像作品は映画とアニメ。映画はモノクロ。15分ぐらいの短編で何を表現しようとしてたのかすぐには理解できない作品なんですが、それでも面白かった。あれ好きな人多いと思う。アニメはディズニーぽいなーと思ってたらディズニーでした。どっちも幻想的ですが、映画はブラックめ、ディズニーは明るめ。

ダリは愛妻家ってのは聞いてたんですが、途中からサインに奥さんのガラって名前を入れたそうで。
解説には、それでダリは妻と離れがたいものになったのだ。的な文章があったんですが、若干の狂気を感じてしまったw小説のモチーフとして、魂の片割れ・精神的シャム双生児とか大好きなせいかそれに通ずるものを感じてしまってw

東京の展示ももうすぐ終わっちゃいますが、ダリに興味があるなら生で見た方がいいと思う。写真にすると質感が損なわれてしまって、非常に勿体無い。あの艶やかさは写真ではそのまま表現できないのか。
ダリと言えば真っ先に思いつく溶けた時計や、やたら足の長いゾウとかはほとんどなくてそれは残念だったんですが、ダリに非常に興味を持てる展示会でした。解説書とか読みたい。
あと、ダリの作風は結構好きです、幻想的で。こんなん小説で書けたらいいなーと思うだけならタダ。
また展示会あったら行ってみたい。画集買うより生で見たい、そんな作家。
あ、でも絵は絵描きさんと見たらいろんな意見聞けて楽しかったかもと。

別枠として覚書きしときたいのは「皿のない二つの目玉焼きを背に乗せ、ポルトガルパンのかけらを犯そうとしている平凡なフランスパン」てタイトルの絵。タイトルだけなら圧倒的1位の絵でした。なんでこの絵を描こうと思ったんだ。絵としては非常に緻密で美しいです。ググると絵出てきます。ダリの心境が非常に気になる。

今回は撮影スペースありました。一枚目は正面から、2枚目は鏡に髪を写して。ここも撮影のみで20分待ち
201611272251351b5.jpeg 20161127225209a9e.jpeg

グッズも買いました。
2016112722533315f.jpeg
201611272253472d1.jpeg
二つ折りのA4クリアファイルと文庫サイズぐらいのリングノート。
クリアファイルは実用的ポスカって感覚で買うんですが、色味が衝撃的なまでに変わってます。クリアファイルは印刷が難しいのかな。内側にもこの絵が小さく印刷されてるんですよ。
ノートはいっぱいあるのについ買ってしまう。中は無地なのは絵描きさんが多いと予想してのことなのか。どーでもいいけど罫線ありが一般的に多く販売されてますが印刷代掛かるそっちと無地のノートどっちのが原価は安いんだろう。

あとダリとは別枠として、君の名は。に出てきたカフェ
201611272252353b5.jpeg
ここの建物は大きくてオシャレで楽しいですね。また面白い展示会やって欲しいです。

デザイン21て美術館も梯子したかったんですが時間なかったのでそれはまた次回。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts