11月読書まとめ

本読めてないなーと自覚しつつも、ついついアプリゲームやりたくなるのをどーにかしたいです。
根本的に集中力がないんでしょーね。どんな訓練をすれば直るんでしょう。

以下11月の読書まとめ。字数あふれてるの反映されないんですが細かいことは気にしない方針で。
絶叫はわりと面白かったです。

2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:842ページ
ナイス数:28ナイス

絶叫絶叫感想
出だしから淡白なミステリモノかなと思ったんだけど陽子の話になったらちょっと深みが出てきたので好みの小説かもと思いながら読み進め、最後まで楽しめました。 二人称小説が存在するってのは知ってたけど初めて読んだ。ここのあなたは読者じゃなくて登場人物のことだったので違和感なく読めました。二人称にした理由もあって良し。 その年の代表的な事件とかちょこっとあげられてて、そんなこともあったなーと思ったり。割りと女性の心理描写上手いので女性作家かと思ったら男性だったんですね。 火車っぽいという意見多いですが随分昔に読んで
読了日:11月23日 著者:葉真中顕
ヘヴン (講談社文庫)ヘヴン (講談社文庫)感想
新海監督との対談がテレビで放送されてて有名な作家さんだし読んでみるかと手を出したんだけどすんごいつまんなかった。途中で何度読むのをやめようかと思ったか。最後まで読んでもつまんなかった。もうこの作家は二度と読まないと思う。芥川賞てとりあえず描写が細かったら選ぶよね 百瀬だけちょっと異質な子かと思ったらなんの活躍もしないし、家庭不和が間接的ないじめの原因だと思うんだけれどそこ掘り下げないし、コジマを本当に友達だと思うんならその後一瞬すら思い出さないのおかしいし。斜視もそういう設定ならもっと本人がこだわってる感
読了日:11月3日 著者:川上未映子

読書メーター
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts