雑談

読書記録しか残してなかったので雑談。萌え語りは相変わらずないです。
の前にご連絡。

台牧本BOUQUETの再版依頼があったのでしました。
ついでにちょっとだけ余分に刷ったので、欲しい方はメールか支部のメッセージでご連絡をお願い致します。
ノベルティのポスカつかない・用紙変更の違いがあるのでそこは注意してね。
本文は何一つ変えてないです。
BOOTHの匿名配送希望も対応するので言ってください。ただBOOTHはシステム料加算されてるので本代+100円になります。

web拍手もぽちぽちありがとうございます。最近更新していませんが、反応戴けるの嬉しいです。
直近の新規は、5月スパコミの台牧予定です。読んでくださったら嬉しいな。


雑談。
OMAMOってサイトでお守り作ってみました。プチオーダーメイドのお守り。
この歳にして初めてのお守りなんですが、一般的にはどのぐらいの人がどのぐらいの数持っているんだろう。慣用句的に「お守りとして持っておく」てのちょいちょい聞くので、1回は買ったことあるって人が多いのかな?
ネットとサービスが向上したからか、最近はプチオーダーメイドが人気になりつつある気がします。私のはこんなん。
201703261711566df.jpg
サイトの様子から、英語も充実しているので外国人の方もターゲットにしてるんだろうなって思ってたんですが、動画の性欲爆発ってお祈りに笑ってしまった。おねしょ卒業も愛らしい。ユーモアを入れつつも、こんな些細なことでも頼っていいんですよっていう、おおらかさを感じます。

日本人は無宗教がほとんどですが、宗教を心の拠り所にするってのは案外多いのが面白いです。こういうお守りサービスがあるのももちろんですが、私が驚いたのは写経セットがオシャレな雑貨屋さんで売られていたこと。思わず二度見した。
100均でも取り扱っているところがあると知り、人気あるんだなぁと思った。
入信はしないけれど心の拠り所として持つってのは宗教が根付いてる国から見るとどんな感じなんだろう。検索すれば出てきそうな気もする。

宗教に近いよーな心の拠り所の一つとして、スピリチュアルってのもある気がします。私自身はスピリチュアルについては、雑誌の占いとか無料の占いはよくやる!ってレベルです。あとは今の科学じゃ証明できないけれど今後証明されたら面白いなーとか。
積極的に調べることはしないのですが話題の本には比較的反応するので、その中にスピリチュアル系が入ってると読むことがあります。
多いのは引き寄せの法則ですかね。大雑把に言うと、願えば叶う的な内容。願うだけじゃなくって、心構えについても書いてある本が多いのかな?
で、面白いなと思ったのは、アドラー心理学の内容と重複しているのが多いなってこと。他にも、マンガで分かる心療内科で読んだネタもほんのちょっとですが見つかったり。アドラー心理学は内容としては哲学だって意見もありますが、心理学から見たスピリチュアルも楽しそうだなと最近思いました。
スピリチュアルを書いている人は医者ではないので(プルーフ・オブ・ヘヴンって本は脳外科医が書いたけど)それだけを頼りにすると精神面での健康はどーなんだろうって危惧もありますが、合わせて読むと点と点が繋がるかもしれない、と期待中。

あと瞑想。リラックス方法の一つとして瞑想ってのをちょいちょい見かけるんですがそんなにポピュラーな行動なんですかこれ。むかーし疲れまくっていたときにしようとした事あるんですがよく判らないで終わったので、ブームがきつつあるのかすでに定番なのならやり方を教えてほしい。

完全に何サイトだって内容なので同人の話。
スパコミのCPペーパー企画の方に参加するか迷ってます。根本的にみんなで何かをするってのに向いてなくって。完全に参加しないってタイプではなく、文化祭で例えると、教室の隅っこでもくもくと1人で作業する形で参加してる的な。だからみんなで打ち上げに参加してもなんで私ここにいるんだろう?的な。
なので、それ用の文章を今書いているんですが、書いているときは楽しいのに企画として公開すると考えると落ち込むことがあって。1日のうちでも気分の変動あるので気軽に参加しよーってときもあるので、その間に申込の処理をしたい所。
まぁそれ以前に、紙面に載せるには字数オーバーなので諦めざるを得ない気配もあるのですが。枚数制限なければいけたんだが。

おんなじ感じで、ペーパーラリーの方も迷ってます。最初はページ少ないコピ本でもと考えていたんですが、んなモン誰が喜ぶってんですか、資源の無駄じゃないですか!って卑屈な思いが最近強くって。書きたいネタはあるので、A4サイズ1枚のペラいのぐらい出せればなと思いはするのですが。モチベが回復するといいな。

自分用に作る本の話。
最近はフォトブックが気軽に作れるよーで、絵描きさんや写真好きな人が自分用に作ってるのいいなーとちょっと思った。小説は地味だから、と思っていたんですが、1冊から作れるところあるし、そこで再版してるし、やろうと思えばできるんですよね。
でも作りたくないなーと思ったのは、自分の小説読み返すのあんまり好きじゃないんですよね。まれーに読み返すんですが。話の展開知ってるのと、上手くないなって再認識しないといけないのが嫌で。自分の書いたものに自信を持てたら作ろうって気になるのかなぁ?と思わなくもないのですが。
いつか自分用にハードカバーで作れる日が来たらいいなって思います。文庫よりハードカバー派。内容にも寄るのですが、自分が書いたものはハードカバーで読みたい。って言われたら嬉しい。
小説書くの上手くなりたいものです。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts