トリニティブラッド 薔薇の玉座 茨の宝冠

 お久しぶりです。桧山です。一人暮らしを始めたとたん、時間がなくなりましたよ。気がつけば明日、悟浄の誕生日ですよ。焔と一緒にラブってればいい!

以下、独書感想です。

吉田直:トリニティブラッド 薔薇の玉座
吉田直:トリニティブラッド 茨の宝冠
とうとう長編シリーズの最後です。大きな区切りのついた部分なのですが、転換期だったことがとても判る内容なだけに勿体ない。
今回の個人的見所は、アレッサンドロの成長ぶりですね。ハヴェル、あなたの残した種はしっかりと芽を出しましたよ! と言いたくなる。やっとアベルの兄の存在も出てきて、これからどんどん話が進んでいくのが楽しみになる巻でした。後編はアベルは極端に出てきません。前編はトレス君皆無。
それでも充分楽しめました。


しかし、神学大全をちょっと読んだのアレッサンドロが死んじゃうってのにはかなり驚いた。私はアレッサンドロは最後、立派な教皇さまになるものだと。あと、レオンとかはもういなくなっていたのかと(笑) 長編にはちっとも顔を出さないAxだったからなぁ。レオンはアニメはかなり美形で驚きました(笑) トレスと教授がお気に入り。
ストーリーが最後まで、全部できていただけに、本当に残念。

拍手、ありがとうございます!! 更新頑張ります! 本当に。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts