殺人の門

 今月は、仕事が死ぬほどハードな予感。桧山です。
 くたばっていると思います。なので、今月の更新は難しいです。
 んー、ヴィンちゃんの話だけは書きたいのだがなぁ。

 以下、独書感想。

東野圭吾:殺人の門
人気作家の東野圭吾。初めて読みました。
読む前は何故人気なのか判らなかったのですが、読んで初めて判った。この人凄い。
重い内容で、重い話を読みたい気分だったので、ちょうどピッタリきたのもあるかもしれないですが。
重い話が好きって人は是非!!

ストーリーは、主人公が、幼なじみに振り回されながら生きる話。救いなさげです。
大きな山場があるわけでもなく、淡々と話が進んでいくんですが、グイグイ引き込まれます。
結構淡々とした話好きなので、個人的に大ヒット。
他の話も読みたいなぁ。



拍手ぽちぽち、ありがとうございます!! 今月は無理っぽいですが、年明けは頑張るつもりでっす!!
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts