魔術はささやく

 一つの節目が終わったので軽く浮上。桧山です。がっつりブリーチ読みたい(笑)
 最近、いかにもフレッシュマン! って顔を見かけますね。あの初々しさが羨ましい(笑)

 宮部みゆき:魔術はささやく
がっつりと長編が読みたくて借りた本。でも実際本を見たら宮部みゆきの割に厚みがたりないなぁと思ったり。
ちなみにこの本、発行されたのは平成元年らしいです。今から約12年前かね!厚みはその辺が関与してるのかなぁと思ったり。
しかし、だからと言って面白さが欠けているわけではありません。やっぱり話とか文は宮部みゆきだなぁと思いました。
話は催眠術がキーです。ホラー映画の「催眠」を思い出した(笑) サブリミナル効果の説明とか入っていて、現在とはその辺の認識が違う感じ??
実際催眠術にかかったことがないのでどの程度現実では有効なのかなぁと思いつつ楽しみました。
しかし、今の宮部がまたこの話を書いたらもっともっと長くなるんだろうなぁとも思ったり。心理描写が今の(と言っても私が最近読んだので模倣犯ですが)と較べて少ないと思う。
なので私の中ではがっつり長編どは低めです。ページ数だけなら普通なのに(笑)



拍手、ぱちぱちありがとうございます! 5月中には更新します(遅いよ!)

恥ずかしながらグッドバイ。結局行くことにしました。イヒ。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts