ジキル&ハイド

 昨日、にのさんとジキル&ハイドを観に行った桧山です。宿題の提出遅くてすみません(笑)

 初めてミュージカルを観たのですが、ディズニーっぽいなぁとか思ってました。私の中ではミュージカル=ディズニーなようです(笑) しかし、みんな声量凄くて驚きました。アンサンブルとか、難聴になるじゃなかと。
 主役の鹿賀さん、最初「こんなに声高かったっけ??」とか思ってたんですが、ハイドになったとたん、ライオンみたいな声になったのが印象的。あと、舞台用メイクのせいで、カールスモーキー石井さんみたいだって思いました。すいません(笑)
 印象的だったのがマルシアさん。娼婦の役だったんですが、登場シーンが歌って踊ってセクシーが格好良かったです。歌は声量があって力強いんですが、普通に喋っているときは恋する乙女なので、やたらと可愛いしゃべり方でした。こういうしゃべり方する人大好き(笑)
 にのさんにパンフを見せてもらって鹿賀さんの奥さんが蘭々だって初めて知りました。ちゃんと配役は見ろと! ポンキッキメンバーだとか思ってました(笑) どうでもいいですが、この二人が歌ってるポンキッキソング持ってます。鹿賀さんだいぶ声量落としてるなぁ。
 閑話休題。

 印象に残ったがシーンをいくつか箇条書き
・光る薬。あれディズニーとかでよく売ってた光る液体と同じかな? 塩味らしいです(笑)
・ジキルとハイドが交互に喋る(葛藤)してるシーンが、演技だけじゃなくてライトでも区別されてて判りやすかった。
・一番最初の殺人シーン。杖が刺さって血が流れて燃えた! 語弊がありますが豪華でした。

 ラストは悲劇。父を治すために薬を作って、世界を平和にするために自分で実験したのに、父は死に、殺人を犯し、最後自分も滅ぼしてしまったのが悲しい。人の良さそうなジキルの裏には、殺人を犯してしまうほどの悪があるのかとか、考えますね。
 結婚式の日に、「エマ(奥さん)だけには……」ってセリフが切ないです。「俺を撃て」って、ジキルだったのかな。
 ラストとカーテンコールでうるっときましたが、となりににのさんがいるので我慢しました(笑)
 見事ににのさんとは違う部分をみた感想になってるなぁ。
 その後にのさんに着いていって、貴重な体験をしましたありがとうございます!

 その後、ごはん食べたりしながらお話を聞いたんですが、勉強になりました。ほかの友人だとこうはいかない。そして自分の駄目さ加減に凹んだり(笑)


 拍手、ありがとうございます!! GW明けにやっと動けそうです。遅くてすみません。
 熾生さん>>メール、無駄な手間かけさせてすみません! クローバーの御利益、代わりに私が送ります。えい(念)

 物事を速攻で処理する力が欲しい……ッ!


 あと、昨日貰ったチラシでは、陣内さんがでるミュージカルが気になる。陣内さん好きなんですよ。
スポンサーサイト

Comment

壱 #-

はなまるっ!

宿題提出、お疲れ様でした!
今晩は。壱です。
マルシアさん、えがったよねー。惚れ惚れしました!やはり、CDが欲しい(笑)
「俺を撃て」「自由にしてくれ」はジーンとしちゃうよね。おいら、とっくにウルルンしてたんだけど(笑)
あの言葉を言ったのは、どっちだったんだろうね?
見た目、喋りはハイドだったけど、私は、内面は「ジキル!?」って感じて、ドキリとした。
あれが一人の人間の本心だとしたら…切ないよね?

って、勉強になるとか言わないのー。歳いってるのがバレルでしょおー(笑)
こちらこそ、愚痴を聞いてくれて有難うございます。
お互い、色々と頑張りましょ?
先ずは、ヴェニスのチケ取りを!(そこ?)
今回も長々と失礼しましたー。

2007/05/01 (Tue) 20:29 | URL | 編集 | 返信
桧山 #-

わーい。

こばんはー。はなまるありがとうございます! 嬉しいです(笑)

俺を撃て、見た目はハイドだったけど、言葉はジキルでしたよね! 彼(ら)はどんな気持ちだったんだろうと考えます。優しい気持ちと殺人を犯す感情が一人の人間の中に共存してると思うと、複雑ですね。
マルシアさん、登場のショーが一番魅力的でした。歌唱力抜群でしたね! あれだけ踊っても声がぶれないのが凄い。
このシーンと、ラストの結婚式と、市民のアンサンブルはもう一度みたいです。

桧山さんは精神年齢3歳児から成長していないらしいから、バレないですよ。そもそも歳いってないですよ(笑)
自分と接点のない世界の話を聞くのは楽しいです。ちょっと考えれば判ること内容に気づき、自分どれだけ普段ノータリンなんだ。って思いました(笑)
頑張ります。駄目人間なりに頑張ります。
ヴェニス! 行きましょうね! チケット確保しましょうね! 昨日初めてバンビーノを見て、私も市村さんにバンビって呼ばれたいとか思いました(大笑)
長々歓迎です。ではまたー。

2007/05/03 (Thu) 22:10 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts