NINAGAWA十二夜

 NINAGAWA十二夜観てきました、桧山です。 
 一応歌舞伎なんですが、ちゃんとした歌舞伎にあらず。シェイクスピアと歌舞伎のコラボで、蜷川幸雄さんが演出です。
 これ凄かった。

 実は、出る直前までCATSのCDを聞いていたので、頭ン中ずっとミストナンバーが流れてました(コラー) さすがにヤバイなぁと思ってイヤホンガイドに流れている曲を聞いてました。のちにこれがまったくの杞憂だったと判ります。
 
 んで、幕開け前の解説。
 今回は鏡を使っているため、照明の使い方が違う。そこも楽しんで欲しいとのことでした(要約しまくると) 照明のことはちっとも判らないので、ちょっとは勉強すれば良かったなぁとか思いながら、待ってました。

 そして幕が空いた瞬間、歓声があがりました。私も感動した。背景(?)もサイド(義太夫とかがいるところ)も全面鏡で、観客席が映ってて、一瞬で引き込まれた。かなりビビってました。

 もう一つ演出で感動したのが、船が遭難するシーン。理由はよく判らなかったんだけど、感動しまくってました。照明と音楽と、その辺がツボったんだと思う。

 船のシーンでは、二役演じられた菊之助さんが凄かった。双子の兄妹を一人で演じられてて。早替りがちょっと手品みたいだった。

 舞台では、常に鏡が使用されてるんですが、やっぱりそれが印象的。織笛姫(オリビア)が獅子丸(シザーリオ)に恋をした時、鏡だった襖が透けて、奥の織笛姫が見えたシーンが印象的。
 鏡が透ける演出が結構好きだ。

 丸尾坊太夫(マルヴォーリオ)をみんなで騙すシーンは、自分もいたずらに加わっている気分で、ニタニタしてました(笑) 菊五郎さんは好きなので、ちょっと可哀想だったんだけれど(笑)

 音楽に西洋楽器も使われているし、大向こうもないし、カテコがあるんじゃないかって雰囲気で、いつもの歌舞伎とは全然違う雰囲気だったんですが、相当ツボりました。また再演してくれないかなぁ。また観たいと思った一作。

 初めての蜷川さんで、この人に興味持ちました。他の舞台も観てみたい。あと普通の十二夜も観たい。シェイクスピアもいっぱい観たい。大阪の仁左衛門さんの代役も観たい(笑)


 舞台は一期一会の世界なので、気合いを入れないとなぁと再確認。
 次回は8月、芹咲さんとCATSです。楽しみ&芹咲さんのフットワークの軽さに脱帽。
以下キャスト

斯波主膳之助/獅子丸実は琵琶姫  尾上 菊之助
             織笛姫  中村 時 蔵
         右大弁安藤英竹  中村 翫 雀
           大篠左大臣  中村 錦之助
              麻阿  市川 亀治郎
        役人頭嵯應覚兵衛  坂東 亀三郎
           従者久利男  尾上 松 也
           海斗鳰兵衛  河原崎権十郎
            従者幡太  坂東 秀 調
           比叡庵五郎  市川 團 蔵
          舟長磯右衛門  市川 段四郎
         左大弁洞院鐘道  市川 左團次
        丸尾坊太夫/捨助  尾上 菊五郎
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts