JCSエルサレムバージョン



JCS観てきました。桧山です。ザックリ感想。

最初の印象が気持ち悪いでした(笑) 茶色い荒野で茶色い群衆がうねうね踊っているのは正直気持ち悪かったです(笑) トラウマになりそうなので(笑)子供向きではないかと。

好きなナンバーはヘロデ王の歌と、スーパースター。なんか派手なのが好きみたいね(笑)
ヘロデ王は登場シーン少ないのに、妙に好きです。お気楽なのがいいのかも。あとはソウルガールが可愛い。

キャラ別だとまずユダ。すごい悲痛な叫びで。一番感情移入しやすかったもの彼。金森さん、タガーもやってるってんで気にして観ていたんですが、声も綺麗で観てみたい度がグーンとアップしました。
ジーザスは、妙に高い声で歌っていたので、人間っぽくない感じ。群衆にあれだけ身勝手な助けを求められたら、疲れちゃうよなぁと思う。それを母性愛に満ちたマリアが優しく包んでくれたイメージ。こんな女性にならないとなぁと痛感(笑)

ピラト(多分!)が「こいつは罪のない、ただの男じゃないか」って思っているのに殺さなきゃならないシーンなんかは、可哀想ってのと群衆怖いって二つ。
最後、今際の際にジーザスが「神よ、彼らを許したまえ。彼らはなにも知らないのだ」って、自分を死に追いつめた人達をよく愛せたなぁと。

JCSに限らず、群衆(集団)って自分の意思がないくせに、すごいパワーを持っているなぁとやっぱり感じました。
人のぐねんぐねんした感情が印象に残る舞台でした。
もうちょっとキリストの勉強しとけば良かったぜ(笑) あと歌舞伎バージョンも観たかった……!

ちなみ、バルコニー席で観たんですが、「好きなだけ前傾姿勢!!」って思っていたんですが、予想外に手足が痺れました(笑) バルコニー席難しいなぁ。
以下キャスト

ジーザス・クライスト 柳瀬大輔
イスカリオテのユダ 金森 勝
マグダラのマリア 高木美果
カヤパ(大司教) 飯田洋輔
アンナス(カヤパの義父) 阿川建一郎
司祭1 佐藤圭一
司祭2 田辺 容
司祭3 川原信弘
シモン(使徒) 神崎翔馬
ペテロ(使徒) 賀山祐介
ピラト(ローマの総督) 田島亨祐
ヘロデ王 下村尊則
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts