ヴェニスの商人

にのさんと、ヴェニスの商人を観てきました。桧山です。ザックリ感想は続きに隠します。
天王洲アイル、初めて行ったのですが、やたら綺麗な場所でした。横浜の元町みたい。
整列させていたり、チケット回収のスタッフさんとか、みんな衣装っぽいの着てました。素敵。劇場に入ったら(どっから劇場なのか微妙なんだけど)ロビーで仮装行列やってました。最初が演奏3人組。
にのさんと「写真撮っていいのかなぁ?」って話してたんですが、携帯構えても怒られなかったので、OKなご様子。何人か仮面の人達が出てきたので、パチパチ撮ってました。
そのうちの一枚。


左の男の人が「来い来い」って動作をしてくれたので、近くで撮れって意味かな? とアップで撮ったものです。それでも「来い来い」って動作をしてくれたので「?」とか思ってたら、真ん中に来い。って動作をしてくれました。はしゃぐウカレポンチ。ネズミーランドのごとく、にのさんに写真とってもらいました。2階に行ったら、最初の演奏3人組が通路で演奏してました。近づいたらタンバリンの人が「叩く?」って動作をしてくれて、にのさんが叩いてました。そのリズム感に脱帽(笑)
劇が始まる前のパフォーマンスでもかなり楽しめました。役者さんたち凄くかまってくれて楽しかったです。四季の夢醒めもこんな感じかなぁと思ったり。
しかし、女の人が凄い背高いなぁと思っていたら、超厚底履いてました。そして、よく見たら胸のところが透けていて、乳首見えてて、真っ平らでした。男か! シェイクスピアの時代、女性は舞台に上がれなかったから? とのこと。そう言えば先月イヤホンガイドで言ってた。
そして、写真の左の人は、発泡スチロールみたいので黒くてやたらでかいブツが付いてました(笑) 本場の仮装行列も見たい。

チラシ、久しぶりに大量に貰いました。5月以来です。全部見たことなかった。ぺりぺり見ながら、にのさんに説明してもらいました。相当有名な舞台だよーとか、この人のは面白いよーとか。これからチケ取り予定を立てます。しかし、私はもっと勉強した方がいいと思う(笑)

舞台終了後、アイル内で食事。
舞台の感想とか、近況とかサイトのこととか、そんなお話をしました。舞台は、見所(ポイント?)が面白いです。自分と見方が違うなぁと。外国の話は訳者も気にするんだなぁってのもその一つ。
あと戯曲の読み方。しばらく読書は余裕がないんですが、余裕ができたらチャレンジしたい。過去にハムレットに挫折した経験があります(笑)

今回はとにかくありがとうございましたー! またぜひぜひ一緒に観劇しましょう。あとお泊まりも。

以下、ザックリ舞台感想。ちなみに席は3階のセンター。
舞台って唐突に始まるのって多いんですかね? 油断できない(笑)
ヴェニス、喜劇らしいんですが、今回観たのはがっつり喜劇。って感じじゃなかったです。順不同で感想を言うと、シャイロック凄い可哀想。あそこまでこてんぱんに追いつめなくても。ユダヤの差別が色濃く感じられました。全員がハッピーになる話が好きです。
バサーニオってか藤原君。たまに癖のある動作をするなぁと。結構好きです。顔も好きだけど(笑)
そして彼は、3役演じてました。検索して知ったんですが事前に「びっくりするような演出があるよ」的な発言をしていたらしく、このことだったらしいです。オペラグラスを持って行かなかったので、声だけで判断したんですが、なんか、凄かった(笑)
ポーシャを嫁にするには、3つの箱から正しい箱を選ばないといけない。ってやつで、3人が選ぶシーンがあったんですが、3人とも藤原君。
一番最初の黒人、モロッコ王子が好きでした。本人&お付きの者2人のオーバーリアクションが素敵。顔や手を黒く塗っていたので、短時間でメイクしたり落としたりが大変そうだなぁと思った(笑)
2人目のアラゴン王子は超じいちゃん(笑) 杖でよぼよぼ歩いていたんですが、バタンって倒れたのをそのまま起きあがらせたり、最後衝撃のあまり杖無しで歩いたりと、コミカルなシーンでした。

しかし、嫁達が男装するシーンは、女の子ってバレるだろう。絶対。って思ったんですが、他の訳者さんが演じても似た感じなんですかね??

中休憩ありでしたが、3時間はあっという間でした。観たのが二日目だったので、千秋楽あたりだとまた変わっているかも。とのことなのでちょっと気になるのですが、金銭的に不可能です(笑)
まずはいっぱい観て、各舞台の良いところ、悪いところが判るぐらい経験を積みたい。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts