シェイクスピア ソナタ

 久しぶりにTVチャンピオンを見たら、とんでもないことになってました。
 なんで砂であんな造形ができるか判りません。私は粘土でもできないよ。

 猫ソワレの前に、シェイクスピア ソナタ観ていました。以下感想。席は後ろの方、下手側です。

 本編の前に、ちょっと疑問に思ったことを。
 観客はあらすじやストーリーを下調べしてから観ないといけないのかなぁっと。
 今回の舞台、チラシのあらすじをちょっと読んだだけで、人間関係ほとんど頭に入れていなかったんですよ。人間関係が複雑で、1幕目が終わるギリギリになって、やっと理解できた人間関係がありまして。廊下に人間関係図を貼りだしていたらしいんですが、ちっとも気づかなかった。
 ストーリーとか、舞台で観て判ればいいかなーっと思っていたので、困った(笑)
▼自分で出した答え。
 でも、日本語が不慣れな人に日本の小説を読んで理解しろって言われても難しいのと一緒かなと結論。舞台の表現をあまさずくみ取れるまで実力をつけよう私。

 シェイクスピアの4大悲劇を演じる一家。ってあったので、悲劇かなぁっと思っていたんですが、前半は喜劇でした。
 舞台が始まる前にステージに近づいてガン見していたんですが、高橋克実さんが舞台に出てきてから、そこが楽屋なんだと気がつきました。カツラ気づかなかったよ。それが克実さんの力なのかなぁとも思ったり。笑いどころも作ってくれて、準備ができました。

 前半は笑いどころ満載。幸四郎さんのすごいところは、本人はちっとも笑わないのに、笑わせることができるとこだと思う(笑) ちなみ、歌舞伎座3階席だと幸四郎さんの声って届きにくいんですが、パルコ劇場はバッチリでした。距離のせいか、それともしゃべり方のせいか??

 緒川たまきさんは、しゃべり方がシェイクスピアっぽいと思った。シェイクスピアっぽいってなんだ。って訊かれたら困るんでうが、おおげさな感じがしたのかな??

 豊原さん演じる二ツ木は、悟浄ぽかった。悟浄をより情けなくダメにした感じ(大笑)

 後半は雰囲気はそのままだったんですが、笑いどころはなく、悲劇。


 人間関係が理解できなくて、それぞれの人間の感情が理解できませんでした。もったいないことした。そのせいか「?????」なところが多かったです。そしてどのへんがシェイクスピア?? って思っていたんですが、シェイクスピアをちゃんと知っている人が観ると、立場とか科白とか、上手く織り込まれているそうです。私4大悲劇1つも知らない(ダメだ) ?の理由もその辺が絡んでいるのかなぁっと。この先知っていけば、多分納得できる部分があるんじゃないかと。

 終わりかた、言葉で説明すると中途半端な終わり方になってしまうんですが、実際舞台で観ると、自然な流れで終わりました。なんでだろう。不思議。

 観る側もちゃんと勉強が必要だなと感じた舞台です。4大悲劇、ストーリー判ったらまた思いだそう。

▼くだらん追記。
 カテコ、幸四郎さんが舞台のすぐ下に落ちていたバラの造花を拾って、岩松さんにプレゼントしていました。なんて粋な方!
 あと、舞台始まる前にステージガン見していたんですが、ドレッサーのところに、シェイクスピアの絵が貼ってあったように見えました。写真ぽくも見えたので、確かではないのですが。細かいところにも気を遣ってるなぁっと。

 さて、今日はマンマでは荒川さんがリハの司会だったそうで。激しく羨ましいです。誰かレポを!
 そして、FF7CCが発売ですね。PSP持っていないので断念しましたが、ザックスが激しく気になります。彼好き。そしてヴィンちゃんはでないのだろうか……(冬眠してます)
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts