モーツァルト!

CATEGORY舞台感想
 観劇オフ会、してきました。桧山です。協調性皆無のくせに、人と話すの苦手なくせに、なぜかオフで会おうとします。絡みにくい性格でごめんなさい。

 以下、舞台とかの感想。
 初めての帝劇。こじんまりとした劇場が好きな私としては、かなり大きくてびっくりしました。でも大きい劇場特有の迫力があって面白かった。今度は1人で行って、ロビーを散策したい(笑)

 2階席だったんですが、充分迫力がありました。1階はちょっと耳が痛そう(笑)
 意識しなくても、ちゃんと科白が理解できました。
 ずっと無言で出続けていて子モーツァルトの存在との対比が面白いな。チラシを見て、私は彼を「才能」とか「影」って解釈したんですが、他の方で「過去の名声」ってのもあって、面白いなぁ。
 モーツァルトを中心とした話というより、彼の才能を中心にした話かな。普通の人としては生きられなかったように感じられました。
 2幕目最初の棒を持ったダンスが綺麗で好きです。ギターが使われていたのも印象的。

 今回気になった役者さんは全部で5人かな?
 まず主人公の井上さん。シカネーダーと一緒に踊っているのが、とってもチャーミングで好きです。もっとダンスシーン増やして欲しかった(笑) 母さんが死んだときは、もっと悲しそうに歌って欲しかったなぁ。

 涼風真世さん。
 剣心じゃなかった(笑) 存在感ばっちりな方。「星から降る金」がすごい好き。もっと聞いていたいなーって思った。

 山口さん。
 お茶会で話を聞くまで、CATSのタガーだって忘れてた(笑) さすがに若い時とは歌声が全然違いますね。荒川さん目的て夢醒聞いたんですが、彼も別人に聞こえ、配達人の市村さんも別人に聞こえました(笑) 閑話休題。
 大司教ってだけあって偉そうで勝手な印象がありましたが、トイレのシーンは笑わせてもらいました。あそこは毎回アドリブだそうで。

 市村さん。
 息子を引き留める(?)シーンの歌が、切なかった。しかし、父は息子の才能を頼りにしないで、自分で働いて借金返せよ。って思った(笑)
 この方は、真顔で冗談を飛ばせる方で良いですね。帳簿(?)で息子をバシバシ叩いたシーンは笑いが起きました。
 あとカテコ。出てきたと思ったら、ステージに向かって挨拶しようとして「あれ?」って動作をしてくれました(笑) 公式ブログの動画では違うアクションをされていて、こちらも笑いました。特に井上さん初日の方。

 吉野さん。
 シカネーダーが私好みの性格でした。でも女好きの方がより好み(笑)
 妙にアクの強い方で。似合ってました。こんな大きな劇場でも観客に拍手煽るんだーとびっくり。迷わず手拍子しているかたが多かったので、リピーターが多いのかな?
 この人が出ると賑やかでとっても好きです。

 カテコでは、幕が閉じたあと、アマデとヴォルフガングが出てきて挨拶。ヴォルフがアマデをおんぶしようとしたら、アマデが逆におんぶしようとして。上にのったら潰れました(笑) 最後はヴォルフが抱きかかえて袖へ。可愛かったです。

 今回は観られなかった中川さんと香寿さんも評判良かったので、観てみたかったなぁ。



 お茶会では、相変わらず私は黙っていたんですが、みなさんかなり観劇していてビックリ。モーツァルトも2回目以上の方が普通にいてビックリ。あと海外に行かれた方も。
 また観たい舞台があったら、参加したいなぁと思いました。舞台初心者としては、よく知っている方がいると何を観ればいいか迷わなくて助かります(笑)
ヴォルフガング・モーツァルト 井上 芳雄
コンスタンツェ(モーツァルトの妻) hiro
ナンネール(モーツァルトの姉) 高橋 由美子
ヴァルトシュテッテン男爵夫人 涼風 真世
コロレド大司教 山口 祐一郎
レオポルト(モーツァルトの父) 市村 正親
セシリア・ウェーバー(コンスタンツェの母) 阿知波 悟美
アルコ伯爵 武岡 淳一
エマヌエル・シカネーダー 吉野 圭吾
スポンサーサイト

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply