手紙

 最近、読む本の種類が変わってきた桧山です。読んでいることは読んでいるんですが、日本小説はちょっと減ってます。自分でも「どこへ行くんだろう?」ってよくありませんか??

 以下、そんな数が減ってきた日本小説。

東野圭吾:手紙
白夜行とか、殺人の門系のたんたんとした心理描写中心のお話。でも、前2つと違うのは登場人物達に悪意がない。だからなんかちょっと物足りなかった。私は毒が含まれている方が好きなようです(笑)
兄貴は、主人公のためにやったことなので、あんまり恨みたくはないけれどでも……っていう、自分が主人公の立場だったら結構辛い。最終的な主人公の決断とかは、キツかっただろうなぁっと。
結末の表現方法(?)は、映画とは違いました。伝えたいこともちょっと違う気がします。個人的には映画版の方が好きです。兄貴はアスベストっていうのは、かなり泣けた。
原作だと、「イマジンはきっと無理だよ」と思ってしまった。
相変わらず東野圭吾は凄い人だなぁと認識しました。


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts