あぁ、やっぱり

最遊記大好きだなぁと再確認した桧山です。外伝お疲れ様でした(コミック派)

捲兄の最期は格好良く描いてくれて満足。天蓬は最期までマイペースだなぁとか、金蝉はいい表情をするようになった、頑張ったとか、悲しいよりも、前向きな感じ。
悟空の五百年間は、四つの季節しか描かれていないのに、すんごい絶望的で、三蔵が来たときは奇跡だと思った。

悟空はかなり成長したから、記憶を取り戻して、みんなのことを受け止めて欲しいな。

峰倉作品は、最遊記が一番好きなのですが、人間関係はWAの方が好きで、生き様は外伝が好きっていう、不思議な関係。
私の中にはないモノを描く作家さんだなと、認識。

ほとんど更新していませんが、拍手ありがとうございます!!

捲焔書きたい、捲焔。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts