原画展にて

いまさらながら原画展、簡単感想。

 スタジオバックギャモン、並んでいたようなので買い物を先にしたいと友人に言って並ぶことに。すぐそこが最後尾だと思っていたら、「最後尾はどちら?」
 10時半前には着いたはずなのに……。4Fだったのに2Fの大ホールで待機になりました。おぉ。
 峰倉さんなめてました。すいません(土下座) でも目当てのものは買えて良かったです。

 原画自体は、美しかったです。青ペンの下書き残してるんだーとか、トーンってこんななってるんだーとか、修正後が印刷にでないってすげーなーとか。
 一番面白かったのはカラー。コピックのみと、CG加工の二つが並んで展示されていたんですが、雰囲気がまるで違う。加工版の方が色がとろんとしている感じ??
 あと、カミサマがパネルになっていたんですが、ステンドグラスらしくカラフルな照明が当たっていて素敵でした。

 トークショー、峰倉版のみ参加。初めて峰倉さんを見たのですが、思っていたより柔和な印象でした。でも、いま思い返してみると、性格はちょっとやっぱりハードボイルドかも。
 そしてゲストの菩薩と博士はさすが、お顔が整っておいででした。菩薩は愛嬌があり、博士は渋い。
 スペシャルゲストのゆんさんは、若かった。現役キャリアウーマンです。
 ビデオレターは流石平田さん、流石関さん、流石保志くん(笑) 俳優の三蔵と悟空はなんか可愛かった(笑)
 もっともっとお話し聞いてみたかったなー。

 そして、トークショーのあった場所を出たら、オールバックにジャケットを着たレイヤーさんが。まさかと思って近づいたら……
 焔一行がいた。
 友人に断りを入れて、ガン見してきました(笑) 三蔵と悟空とそれぞれツーショットを撮っていて、それが正しい組合せだよなーと思ったり(笑) でも嬉しかったです。
 三蔵一行のレイヤーさんは多かったのですが、外伝一行に会えなかったのは残念。

 そんな感じで原画展は楽しかったです。
 その後、友人とどろ焼きなる食べ物を食したのですが、美味かった!! また食べたい。そして友人は小食過ぎ。あの細い体はどうにかすべき。

 また原画展があったら行きますが、峰倉先生が大変そうだ(笑)

 拍手、ありがとうございますー!!
 マイペースなサイトですが、拍手をいただけると激しく嬉しいです。はい!
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts