壮大なネタバレ

 銀英伝で壮大なネタバレをされた桧山です。
 その前に以下、簡単舞台感想。

 春のめざめ
 最初に見たときはあまり好みでないと思ったのですが、何故か唐突に伝わったものがあったので、もう一回観てみました。
 思春期はやっぱり痛々しいのだなぁっと。自分の思春期はあまり覚えていないというか、未だに来ていないのですが(笑)
 やっぱりイルゼが一番好きです。最初と最後は一番見た目も変わってしまった子ですが、あの子にはつよくあざとく生きて欲しい。
 あと、ホモの攻めっぽい方(ハンシェン?)が妙にセクシーでドキドキしました。あの色気は何だ。
 休憩時間では、他のお客さんがステージシートで見たことあるらしいのですが、ハンシェン(推定)がひとりでしているシーンでは、それを眺めている女の子たちは笑っているそうです。へー。嫌悪感ではないのか。
 ぐずぐず泣いて、熱かったけれども大変でした(笑)


 サウンド・オブ・ミュージック
 ソーマさんが観たかったんだよ!! 身体は細身なのに、CD通り低くて太い声にびっくり。美声。そして歌うますぎ。生で愛せぬならばを聞きたいです。オペラグラスを忘れたので表情はわからなかったのですが、子煩悩パパになってキュンとしました。
 春さめを観たあとだったので、10代のT口リーズルを観たときはちょっと複雑でした(笑)
 でもこっちは安心して見られるので、この順番でマチソワして良かった(笑)


 銀英伝、徳間デュアルを読んでいるのですが、巻末に掲載されているハンドブックの紹介で「キルヒアイスの死の真相は?」って一行目に書かれていてびっくりしました。まだキルヒアイス死んでない巻で紹介するな!
 この悲しみを親に告げようと話を振ったら「ヤン提督死ぬしね」と言われました。
 ヤン提督死ぬの?!
 キルヒアイス以上の壮大なネタバレです。
 もー、銀英伝面白い。ちなみに私が一番好きなキャラはシェーンコップです。声は速水奨さんで!!
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts