最遊記アンソロジー

 最遊記のアンソロ買いました。桧山です。楽しかった! 以下感想。

 オフロードのときも面白かったミカベルさんに期待していたのですが、期待以上でした! 今回は一行ではなくヘイゼルと雀呂の異色コンビだったのですが、幻術対決に大笑いですよ。格好イイ昆虫に反応しちゃうヘイゼル可愛いですよ。峰倉の世界に変なイキモノを混ぜても許されるのはミカベル氏ぐらいですよ(笑) 笑わせといて最後の幻術にアイツとかさー。嬉しかったってか救われたってか、そんな感じ。

 片桐いくみさんは、アリスしか知らないのでシリアス描きさんだと思っていたら、ギャグが上手かった。西の人丸出しなマスター好きだー! 「結局いつか無くなっちゃうんだしさ」のコマは烏哭らしさと片桐さんだー。ってのが混ざった印象的なコマでした。つかこの人のは、原作とキャラがあんまりブレてないと思う。
 ワガママを言うなら、この人の絵柄は好みなので、一行も見たかったー!

 佐伯さんは峰倉氏と絵のテイストが全然違うので想像できなかったのですが、違和感0でした。菩薩可愛い。菩薩と二郎神の組み合わせなのに、笑い癒されました。萌えなしで面白いってのを描けるのはすごいと思う。

 あとは苗木を植えている三蔵が可愛かったり、えりか氏の悟浄がちょっと女面で好みだったり(あと一部三空ぽいって思いました。すみません)、「お帰りなさいませ、お嬢様」が平田ボイスで再生されたり(笑)でした。

 御大ご自身のは久々に三空がたぎった! やっぱり手を握る三蔵とか、悟空を起こせなかった三蔵バカァ!(萌) 幼い頃の悟空はやっぱり可愛いです。
 あと悟浄の「野生の血が目覚めたか?」のツッコミにウケた(笑) 悟浄は全般的に萌えます。なぜか本誌の時は反応しなかったのですが、パーカーの帽子かぶってる悟浄可愛い! 女好きたまらん。


 小説の方は、峰倉氏のだけ軽く読んで、挿絵を見て止まってます。こっちの方があるっていうのに、間違えて図書館で本を借りてきちゃったよ、バカ!!
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts