12月に読んだ本

12月に読んだ本のまとめ。今年は通勤時間と昼休憩の時間が増えたので、たくさん本を読めて良かった。
あとは1冊あたりの読書時間を短くしたい。
昔は3時間程度で読めたのになぁ。

12月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:2774ページ

分冊文庫版 絡新婦の理 (三) (講談社文庫)分冊文庫版 絡新婦の理 (三) (講談社文庫)
物語にスピードが出始めました。関くんは今回は欠席かな? しかしクッキーは怒らない!
読了日:12月28日 著者:京極 夏彦
分冊文庫版 絡新婦の理(二) (講談社文庫)分冊文庫版 絡新婦の理(二) (講談社文庫)
榎さんは相変わらず榎さんで大好きだ。最後は、ついさっきまで元気だったじゃないかあぁぁぁ!!
読了日:12月26日 著者:京極 夏彦
わかったさんのシュークリーム (わかったさんのおかしシリーズ)わかったさんのシュークリーム (わかったさんのおかしシリーズ)
また似顔絵発見。読んだことがあるのかないのか微妙な記憶だった。
読了日:12月23日 著者:寺村 輝夫
分冊文庫版 絡新婦の理(一) (講談社文庫)分冊文庫版 絡新婦の理(一) (講談社文庫)
木場修自体に興味はあまりないんですが、木場修の地の文は結構好きだ。
読了日:12月22日 著者:京極 夏彦
わかったさんのアップルパイ (わかったさんのおかしシリーズ)わかったさんのアップルパイ (わかったさんのおかしシリーズ)
今回も著者の似顔絵発見。リスの可愛さに胸キュンだった
読了日:12月22日 著者:寺村 輝夫
ぞうのたまごのたまごやき (寺村輝夫の王さまシリーズ)ぞうのたまごのたまごやき (寺村輝夫の王さまシリーズ)
実は王さまシリーズを読むのは初めて。王様可愛い。
読了日:12月17日 著者:寺村 輝夫
わかったさんのクレープ (わかったさんのおかしシリーズ)わかったさんのクレープ (わかったさんのおかしシリーズ)
こんな体験を、私もしてみたい
読了日:12月13日 著者:寺村 輝夫
バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)
サクサク読めた。フォントサイズをいじる小説は好きじゃないけれど、これは笑った。アニメを先に見ていたけれど充分楽しめた。2巻も読むぞー。
読了日:12月13日 著者:井上 堅二
わかったさんのドーナツ (わかったさんのおかしシリーズ)わかったさんのドーナツ (わかったさんのおかしシリーズ)
オーケストラに作者のイラストがあった! 短い話だけど、子供の頃にはしっかりファンタジーを感じた。それは今もなお。
読了日:12月13日 著者:寺村 輝夫
人の心を動かす文章術人の心を動かす文章術
判りやすくて良かった。朱色が入っている添削を載せているのも珍しいと思う。でも、添削前の方が好きだったものもあるので、その辺は筆者と好みが違うのかな。
読了日:12月12日 著者:樋口 裕一
零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)零崎軋識の人間ノック (講談社ノベルス)
読み始めてから、数年前にも読んだって気がついた。双識お兄ちゃんが大好きです。でも意外と人気は低いの??
読了日:12月08日 著者:西尾 維新
なぞのたから島 (かいぞくポケット 1)なぞのたから島 (かいぞくポケット 1)
わかったさんシリーズと違って大人向け。イラストの線もこっちの方が荒々しい感じ。話しかけられている感じが好き。あとキャラの名前が秀逸。寺村さんは食べ物が好き?
読了日:12月04日 著者:寺村 輝夫
わかったさんのホットケーキ (わかったさんのおかしシリーズ)わかったさんのホットケーキ (わかったさんのおかしシリーズ)
小学生のときにはまったなぁ。挿絵をよくみると、1万円札の人物がが寺村輝夫先生でちょっと面白かった。ちょっとホラーなところも好き。児童書には夢がある。ファンタジーなアップルパイも読み直したいなぁ
読了日:12月04日 著者:寺村 輝夫
夏の記者夏の記者
前知識なしで読んだのですが、文字サイズ・ルビ・原稿用紙の使い方・主人公の年齢を考えると小学校高学年向けの本なのだかな?だからご都合主義が目立ちますが、大人が読んでも面白かった。カメラちゃんを思い出した。最後は不意に泣きそうになった。大人読者をターゲットにした加藤記者視点も読んでみたい。そしてわかったさんシリーズを読み返したくなった。
読了日:12月03日 著者:福田 隆浩
魚神魚神
最初は読みにくかったけれど、途中から馴染んでいった。もうちょっと、幻想さを強調した方が好みでした。剃刀男は好きだ。
読了日:12月02日 著者:千早 茜

読書メーター
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts