1月に読んだ本。

恒例一月に読んだ本まとめ。
個人的オススメは

・猫泥棒と木曜日のキッチン
・こころ
・バカテス

3冊ともテイストがかなり違いますが、オススメ。
バカテスはひと通り読んだら、雄二×翔子を書いてみたいなぁ。

こころは、漱石スタンプラリー目的で読みました。
それは別途記載予定。


以下まとめ

1月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2650ページ

バカとテストと召喚獣 2 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣 2 (ファミ通文庫)
2巻で文化祭は早い気がしたけれど、賑やかで青春してて楽しかった。明久は本当にいい子。雄二はさっさとデレればいい。
読了日:01月31日 著者:井上 堅二
坊っちゃん (日本名作選―明治の文豪編)坊っちゃん (日本名作選―明治の文豪編)
「こころ」は欝っぽい話だったけれど、こっちは逆に快活。坊ちゃんは単純ですぐに考えが変わるけれど、なんだか憎めない。私のこともきっと、情けないヤツって評価されるんだろうなー
読了日:01月27日 著者:夏目 漱石
こころ (新潮文庫)こころ (新潮文庫)
存外面白く、読みやすかった。「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」と先生が言ったシーンが印象的。死んでどうにかなるものではないのに、なぜ死んでしまったのか考えたくなる。
読了日:01月25日 著者:夏目 漱石
銀河英雄伝説外伝〈3〉星を砕く者(下)    徳間デュアル文庫銀河英雄伝説外伝〈3〉星を砕く者(下) 徳間デュアル文庫
やっぱりヤン提督は大好きだ。このころはまだ、彼は20代だったのだなぁ
読了日:01月17日 著者:田中 芳樹
銀河英雄伝説外伝〈2〉星を砕く者(上) (徳間デュアル文庫)銀河英雄伝説外伝〈2〉星を砕く者(上) (徳間デュアル文庫)
双璧に久しぶりに会えて嬉しい! 本編でロイエンタールが反乱を起こす前にラインハルトが言っていたセリフはこのことだったのか。
読了日:01月13日 著者:田中 芳樹
冥界伯爵と恋しない令嬢 (一迅社文庫アイリス う 1-1)冥界伯爵と恋しない令嬢 (一迅社文庫アイリス う 1-1)
少女小説を嗜む年齢ではないですが、久しぶりに手を出したらちょっとワクワクした。でも個人的にはもう一人の方と上手くいって欲しかったなぁ!
読了日:01月11日 著者:魚住 ユキコ
シルクロードの文様切り紙―遥かなる道を旅した、悠久のデザインシルクロードの文様切り紙―遥かなる道を旅した、悠久のデザイン
読了日:01月10日 著者:上河内 美和
サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣
ちょっと文章が読みにくかった。シークレットにもつながる部分があったけれど、自分の感情を考えるってのは違う点かな。それは独り善がりじゃないか? って思う部分があったのは、私がひねくれているからかな。
読了日:01月10日 著者:エスター ヒックス,ジェリー ヒックス
猫泥棒と木曜日のキッチン (新潮文庫)猫泥棒と木曜日のキッチン (新潮文庫)
久しぶりに、好きだなぁと思える本に出会えた。何度か泣きそうになった。たしかに「誰も知らない」を思い出さしたけれど、主人公の年齢的に軽い実弾を持っているせいか、あんなに重くない。女の子視点の文が好きだ。
読了日:01月05日 著者:橋本 紡
「好き」をつらぬこう (YA心の友だちシリーズ)「好き」をつらぬこう (YA心の友だちシリーズ)
自分のことを書いた本としてはありきたりだけど、会社で残業しまくっているくだりは物凄く同意した。
読了日:01月02日 著者:BLACK
分冊文庫版 絡新婦の理 (四) (講談社文庫)分冊文庫版 絡新婦の理 (四) (講談社文庫)
蜘蛛の正体は、予想していたから驚かなかったけれど、たどり着くまでの過程が凄かった。蜘蛛の徹底さにはゾッとするね。
読了日:01月01日 著者:京極 夏彦

読書メーター
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts