夏目漱石スタンプラリー

東京メトロ主催の、「文豪たちの東京めぐり」スタンプラリー(夏目漱石編)に行ってきました。桧山です。行ったのは2月だったから、すんご今更ですが、楽しかったので。
画像は何故か縦にらない罠。
以下、レビュー。


日暮里で生地を買いたかったので、日暮里駅からスタート。後半でこの判断は間違っていたことに気づきますが、仕方がない。

JR日暮里駅から買い物をして、メトロ西日暮里でリーフレットをもらいました。しかし、私が求めているスタンプの位置は日暮里駅の近く。なんだか損した気分だ(笑)
目指した場所は羽二重団子本店。「吾輩は猫である」にも登場し、漱石も食べたとされているそうです。玄関のところには、正岡子規とか他の有名作家の紹介もあったので、文豪たちに愛されていた店のようです。
P1000295.jpg
この写真はよく撮れた! お茶セットです。団子の茶色い方、みたらしだと思ってたら醤油味でした(笑)
びっくりしたのは柔らかさ。スーパーで売っている団子と同じ感覚で一玉ずつ外そうと思ったら、みょーんって伸びてビックリした。
内装も純和風でとっても素敵です。外は喫煙席になっていて、そこでも食べられるっぽいです。池には鯉が数匹泳いでいました。
P1000297.jpg
繊維街の近くには二号店があるのですが、そちらは逆に和洋な感じ。入っていないから解らないのですが、そっちはぜんざいとかもあるっぽい。


次は歩いていける藍染川跡地。途中の谷中銀座が面白かったので、今度はそこをゆっくり観たいなぁ。
P1000299.jpg
この通りあたりが川だったらしいです。リーフレットには三四郎たちがデートしたって書いてあったんですが、実際はデートじゃないと思う(笑)


漱石が愛した洋食亭は淡路町駅に。私はここで夕食をとるつもりだったのですが、リーフレットに「日祝・土ディナーは休み」との記載で度肝を抜かれた。よってこのお店では食事ができませんでした。悔しかったので写真だけ。
P1000303.jpg
プレートのところが可愛かったので(ナイフとフォークのデザイン)写真を撮ったのですが、そこは誤って削除してショック。


神保町から漱石の小学校へ。神保町は初めて訪れたのですが、古書屋さんが多くてビックリしました。漱石効果? そして交通が激しいところに普通に小学校があるのにも驚きました。私の小学校は田んぼばかりだったよ(笑)
小学校には石碑が
P1000304.jpg
写真が横になっているのは、FC2の嫌がらせです。渡した縦にしてアップしたのに。
読書週間とか、漱石にちなんだものに力を入れているそうです。子供のときだったら嫌だけど、今なら楽しそうだなーって思う。


次は神楽坂の相馬屋さん。オリジナルの原稿用紙が人気のようです。今は小学生とかをターゲットにした文房具屋さんかな? ちょっと懐かしい雰囲気だった。

そのすぐそばの善国寺
P1000306.jpg
ライトアップされていて得した気分。坊ちゃんではここの縁日で鯉を釣ったとありますが、無理だろう(笑)


早稲田駅には夏目坂。漱石のパパが名付けたそうです。写真はその石碑。すぐ後ろに写っているのは吉野家(笑)
P1000308.jpg
そのすぐ傍には漱石公園があるはずだったのですが、見つからなかったので諦めました。帰ってから調べたら、道は合っていたようですが、暗いし思いっきり住宅街だったのね。また次回、縁が合ったら。


旧居跡。今は全然違うものが建って居ました。猫の石像が可愛い。友人に写真を見せたら、本物だと間違われました。
石碑の題字は、川端康成さんが書いた物らしいです。
P1000313.jpgP1000310.jpg


最後は雑司が谷霊園。駅についた頃には真っ暗ですよ。そんな中お墓に行くのは無理だったので(!)スタンプだけでリタイア。脚も痛かったので。次回はもっと計画を立てて行こうと反省。


おまけ。ミスドの飲茶。
P1000314.jpg
脚が痛かったので癒して来ました。飯も美味っ。


地震が起きてから次回の案内が出てませんが、次回も参加したいなぁ。
一つのイベントのために数日使うのは無理なので(引きこもりだから)また一日で回ります。ムッ。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts