9月の読書まとめ

9月、本読みました、桧山です。軽い本ばっかりだったので、沢山読めた。
今回だと、皆川博子さんが興味深い。習慣の本はやる気がでる。バカテスは安定のノリ。
そんな感じで。

あと、拍手ありがとうございます! 小話、FF7に反応もらって嬉しいです。ヴィンちゃんはそろそろディシディアに出てもいい。銃仲間でラグナにちょっかい出されて戸惑ってるといいよ。


9月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:3720ページ
ナイス数:18ナイス

カラフル (フォア文庫)カラフル (フォア文庫)
10年ぐらい前に、紹介とともにネタバレされた本。でもちょっと前に映画化されたので読んでみた。ひろかの今に価値があるって意見が結構好き。生きるのって大変だよねー。
読了日:09月29日 著者:森 絵都
MOTHER2―ギーグの逆襲 (新潮文庫)MOTHER2―ギーグの逆襲 (新潮文庫)
ゲームの音楽とか効果音とか思い出した。小説ってか児童書の文。BL・下ネタが多いって聞いてたけど、気になるほどでもなかった。プーが可愛い。クラーケンも可愛い。スターマンが情けない。作者がジェフが好きってのは本文から伝わったが、寮を出るのは原作の方が好きだった。トニーが馬になるのとか、静かに別れるのとか。トンズラが電源コードを引っこ抜いたり、プーが星を降らす方法を覚えて帰ってくるのは書いて欲しかったなぁ。あとトラウマギーグ戦。
読了日:09月28日 著者:久美 沙織
20代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)20代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)
10代の頃は人間関係に悩まなかったけれど、20代になってから悩むようになったなぁ。
読了日:09月22日 著者:本田 健
彩雲国物語―黄金の約束 (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語―黄金の約束 (角川ビーンズ文庫)
静蘭は腹黒じゃない方が好きだったなー。霄太師は一体何者なのか。楸瑛と絳攸のコンビが好き。
読了日:09月22日 著者:雪乃 紗衣
30日で人生を変える 「続ける」習慣30日で人生を変える 「続ける」習慣
習慣を作るための本。こういうの読むとやる気が出るよね。まずは簡単なことから始めたい。ついでに手帳にもチャレンジしたい。
読了日:09月20日 著者:古川 武士
ばらばら死体の夜ばらばら死体の夜
最近の桜庭はちょっと理解が難しいのが多かったけれど、これはあっさりできた。でも、いつもよりインパクトが薄いかな?? 多重債務について若干詳しく書いてあるから、いつもより幻想度も低め。小舟のように揺れる部屋いいなぁ。地震があったら怖いけれど。
読了日:09月19日 著者:桜庭 一樹
バカとテストと召喚獣7 (ファミ通文庫 い 3-1-9)バカとテストと召喚獣7 (ファミ通文庫 い 3-1-9)
翔子と雄二はキスしたのか? 翔子と雄二はキスしたのか? 翔子と雄二はキスしました!(断言) 瑞希のジェノサイダーっぷりに笑った。バカテスは後半の盛り上がりが大好き。鉄人は相変わらずいい先生。
読了日:09月15日 著者:井上 堅二
少女外道少女外道
好きとか面白い、って感想はなかったんだけど、なんか心地よい。読後感が割と好き。何が良かったのか自分でもちょっとよく解ってない。でも、他の本も読んでみたいなぁと思った。
読了日:09月14日 著者:皆川 博子
今日からマのつく自由業! (角川ビーンズ文庫)今日からマのつく自由業! (角川ビーンズ文庫)
所々に時代を感じる(笑) ラノベらしいって言えばらしい文章なんだけれど、ゴチャゴチャしすぎで読みづらかった。設定もっと作り込んでるファンタジーに慣れてると、ちょっと物足りないなぁ。
読了日:09月11日 著者:喬林 知
堕落論 (集英社文庫)堕落論 (集英社文庫)
正直読みにくかった。でも異様に熱い人ってのは伝わった。実際に近くにいたら嫌な人かも(笑) 桜の~は意外なモノを書くのだなぁっと。美に関してとか、不思議な感覚とか、結構好きだった。
読了日:09月09日 著者:坂口 安吾
舞姫 (集英社文庫)舞姫 (集英社文庫)
舞姫は昔の書き方なので読みにくかった。昔の小説に出てくる男はろくでなしが多いが、当時はこれが切ないって感覚だったのか。雁が読みやすくて面白かった。お玉さんの恋は実って欲しかったなぁ。表紙、少女漫画見たいので読みたかったけれど、図書館のは違う絵で残念だった
読了日:09月06日 著者:森 鴎外
彩雲国物語―はじまりの風は紅く (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語―はじまりの風は紅く (角川ビーンズ文庫)
こってこての逆ハー物語だと思っていたら、むしろ若干BLだった。所々?な部分もあったけど面白かった。十二国記よりはふしぎ遊戯の方が近い。続きも期待。
読了日:09月02日 著者:雪乃 紗衣
山月記・李陵―他九篇 (ワイド版岩波文庫)山月記・李陵―他九篇 (ワイド版岩波文庫)
山月記の高校以来。ワイド版じゃないんだけど、通常版が無かったので。慣れない文章なので読むの大変だった。とくに古代中国。でも牛人は読みやすくて、怖い内容だった。漢詩を書けるってすごいと思うの。
読了日:09月01日 著者:中島 敦

2011年9月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts