さよなら銀河鉄道999

999の映画はさよならを観ました。桧山です。
まず、見るまでに至る経緯ですが、スペースオペラ(以下スペオペ)の定義はなんぞや。という話になりました。私は勝手に銀英伝みたいな宇宙戦艦戦争だと思ってたのですが、999とかの冒険ものと言われまして。それで。会話の途中で「スペオペは死語だ」と言われ大変悲しい。スペースオペラって響きにはロマンがあるのに。

以下、簡単レビュー。
本編はほとんど知らないのだけれど問題なく見れた。最後が切ない。メーテルはどんな業を背負っているのですか。全体的には切ないに近いんだけれど全く違う感覚があった。私の感受性が乏しいのでよく判ってないんだけれど、なんかあった。
機械化人間で永遠の命。って発想は戦争経験者だよなぁ。現代だったらロボと人間の違いは何か。だと思う。アンドリュー? メーテル母も完全に悪人ではないよなぁ。鉄郎と対立してるだけで。メタルメナはメーテルの体になったら人間に戻っちゃうと思うのだがいいのかしら?機械のメリットを凌駕する魅力なのかしら。SFが主体だけど芯は青春だよね。本編がとても見たくなる。でも本編を見るなら先にハーロックが見たいな。エメラルダスも割と好き。強い女性が好きなのでバラライカぐらい強くていい。映画の美鉄郎は年上のお姉さんの庇護欲を掻き立てる顔だと思う(笑)
さよなら999は他の人の感想を読みたくなったので、漁る。エターナルは観なくていいと何故か観ていない親に言われた。解せぬ。が、なんか途中で打ち切りになった作と聞いて納得。


問題はキャプテンハーロックです。宅配レンタルは蔦谷じゃないとない! 料金の兼ね合いも考えてリアル店舗で捜したいのですが、ないんだろうなあ。蔦谷はリクエスト機能あるんだっけ?
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts